しょうれん推しJr.大賞『私のリア恋枠』

2019年10月20日

Ride on time #1


冒頭の紫耀くん


『平野紫耀の紫耀はSHOWでエンターテイメントのショーだねって言ってくれて。』


『最初はジャニーさん何言ってるんだって思ってたんですけど、今となっては本当に運命なんだなって思いますね。』


『親が俺の名前を紫耀にしてくれたとろから、ジャニーさんと会うことが決まってたんじゃないかって自分でも思うくらい運命というか…』



頬づえついてリラックスして穏やか表情で話してた紫耀くん。


この、『エンターテイメントのShow』っていう言葉は2016年のジャニフワでそのままセリフとして使われていて


ジャニーさんが考えたセリフだと紫耀くんが雑誌等で話していた記憶があります。


そんなジャニーさんの紫耀んへの思い。
紫耀くんに託した夢を、彼自身も今はちゃんと理解しているのが嬉しくて。


期待のあまり紫耀くんへはダメ出しが多かったジャニーさんですが、関係者に紹介するときは『スターだよ』って言ってくれていたそうな。


きっと自慢の子供だったんだろうな~


紫耀くんにとってジャニーさんが運命の人なら
ジャニーさんにとっても紫耀くんは最後に出会った運命の子だと思います。


紫耀くんは、ジャニーさんに出会わなければジャニーズに入る事は無かっただろうけど


あれだけのイケメンですからスカウト等で何らかの形で芸能人にはなっていたかも知れない。


でも今のあの、カッコ良さと可愛さとSexy さが組合わさった絶妙な平野紫耀はジャニーズにいなかったら存在してないと思うので


ほんと、ジャニーさん紫耀くんをジャニーズに入れてくれてありがとうです。



今年のジャニアイはジャニーさんがいなくて
2ヶ月に渡るロング公演の中、紫耀くんのモチベーションは大丈夫かな…って心配になりますが。


昨年も満身創痍で大変だったようですし
放送で流れてたけど映画関連の取材の忙しさでアレルギー湿疹ができていたり


当時本屋で見たけど、何冊あるの?てくらいの雑誌の表紙を飾っていた紫耀くん。


映画も大ヒットして自信にみなぎっている筈なのに、個人仕事で自分は何を得意にしてやっていけばいいか心配になる紫耀くん。


でも逆に、紫耀くんは個人仕事で一番楽しいくてやりがいがあるのは何なのかな?


好きこそものの上手なれですから、仕事とはいえ楽しくて夢中になれることを突き詰めていければいいよね。


私は、紫耀くにはずっと舞台に立っていて欲しいかな~もちろんTVでも見たいしドラマもバンバン出て欲しいけどね。


舞台の紫耀くんはそれはそれは華があって素敵なのです。


ジャニーズの舞台に…そのセンターに立っている紫耀くんが大好きです。

























akko09032759626_u at 08:59│rideontime | 平野紫耀
しょうれん推しJr.大賞『私のリア恋枠』