拾い画から書き起こし。
ドル誌に載っていた正門くんの
Aぇ!groupへの思いです↓





『一人でお仕事をしててもグループ名を挙げるとメンバーの顔が浮かんで、″この6人の中から今一人で出てんねんや″ってビシッとします。背筋が伸びる。自分にとっての優先順位はだいたいメンバーが上。こういう感情になるとは想像してなかったかも。昔、Aぇ少年っていうユニットを組んでたときは、正直何も考えてなかったですし。グループに入ることの凄さも分かってなかった。今は多分このグループがJr.として最後やと思ってるので、何とか形にしようとおもってます。』






Aぇ!少年の時は入りたての中3くらいだったんじゃないの?グループとは何かなんて分からないよね。





他のメンバーも言ってますけど、メンバーの誰かが仕事が決まったり頑張ってたら嬉しい。こういう感情はグループが出来てから。


正門くんもグループを背負って個人仕事を頑張っていると。


うわー。
いいなぁ、応援したくなりますねそういうの。


紫耀くんもMr.KING時代、雑誌でそういうことをいってくれてたらなぁ。もっとグループを応援できた。


まぁ、色々あったみたいですけど…




ほんと、グループに入るって凄いことだわと
私も思うようになりました。


以前はJr.は個人戦だと思ってたけど…
でも現状を見ると




今はグループの一員でないと何も出来ない。
得意な事があっても披露する場がない。


正門くんもグループに入ることによって
歌やギターを披露する機会が増えて。


ギターが上手なのは何となく知ってたけど
あんなに歌声がカッコいいのはグループに入ったから知ることができたのだし。




『たぶんこのグループがJr.として最後やとおもってるので、何とか形にしようと思ってます。』


そんな覚悟を持って活動してるとは…


こんな事を言われたら応援するしかないですね❕




どの雑誌を読んでも正門くんの言葉は優しく真摯で、胸に留まります。