去年の今ごろ『この声をきみに』#6 河合雄一くん

2017年10月28日

『この声をきみに』#6 数学的媚薬…

昨日の第6話📖
戸塚さんが演じる河合雄一くん、すごく良かった✨


出演シーンを何度もリピートしましたよ~
では振り返ってみましょう(=^_^=)



順番通りにいきたい所ですが、やっぱり1番印象的でドキドキした
あのシーンから…💓










[画像:45b1be4b-s.jpg]


『僕、これを発表会で穂波さんと読めないかな~って』




[画像:d091a211-s.jpg]


『これ、男2人の話で、そのうちのひとりが数学者なんです。』


『穂波さん、次に朗読する本を探してたでしょ?』






[画像:02ee71cd-s.jpg]



📖『ジョンとしょっちゅう仲たがいしていた頃、軽い付き合いでいようと2人で決めた。』




[画像:bd50dacc-s.jpg]



📖『そう決めて間もないころ、彼は自分のセーターを編み僕はヘルマーの最終定理を読んでいた。』




[画像:4af96ded-s.jpg]

📖『親和数って知ってる?2つの数がお互いに相手の約数の合計なんだ。』


『運命的に引かれ合う、ちょっと特別な数字のペア。』






[画像:055507d0-s.jpg]


📖『ジョンは、さほど興味を示さなかった…僕とは違う。』






[画像:76b3bcf5-s.jpg]



📖『クリスマスが巡ってきて、ジョンに本を渡した。』



[画像:a9899bc6-s.jpg]








[画像:98a55b76-s.jpg]


[画像:91da7d66-s.jpg]


📖『彼は何もくれなかった。別に驚かなかったが少しキズついた。』



[画像:964b798d-s.jpg]







📖『すると翌日、ジョンがアパートに呼んでくれた。』


[画像:1ffc194a-s.jpg]


📖『クリスマスプレゼントがあるんだ。』



[画像:cad1756d-s.jpg]

[画像:61626735-s.jpg]



📖『遅くなってごめん。』




[画像:d08df3bb-s.jpg]







[画像:07ee1409-s.jpg]


📖『親和数だよ。コンピューターのプログラムを使って12時間かけて計算させたんだ。』




[画像:87ac6c39-s.jpg]


📖『昨日の夜は仕上げに迷って、まだ渡せなかった…鍋つかみなんだよ。』



[画像:bbb594c8-s.jpg]



📖『ちょっとヘンテコだけど、気に入ってもらえるかなと思って。』




[画像:df0e9e82-s.jpg]






[画像:991bfef2-s.jpg]


📖『そのクリスマス以来、僕らはもう気ままな関係ではなくなった。』





[画像:6bc9d83a-s.jpg]

[画像:c60e0626-s.jpg]


[画像:4c85ab7c-s.jpg]





美しい男性二人の、素敵な映像シーンでしたね…






脚本家の大森美香さんは、いつも冴えない風貌の穂波先生を演じる竹之内さんに、たとえ朗読の中だけでもいいから美しい男を演じて欲しかったそうです。



竹之内さんと戸塚さん…タイプの違う美しくSexyな男ふたり…
アンニュイだけど清潔感のある、上品な演出に惚れ惚れしますね。


戸塚さんは、雄一くんとはまた違う性格のジョンという役を
少ない台詞ながら見事に表現していましたよ。


ちょっとミステリアスで小悪魔的な…
でも、人を驚かすのが好きなお茶目なところもある。


所作全てが女らしい…
けど大袈裟ではない。


ジョンくんも雄一くんも、戸塚さんが演じたらどうしてこんなに素敵になるんだろう✨



この、『数学的媚薬』が収録された本。
「ナショナルストーリー・プロジェクトⅡ」ポール・オースター編
というらしいですが、ネットで調べたらなかなか入手困難なようで困っています(>ω<)


なんとか届くといいんだけど…




今回、雄一くんのパーソナリティが明らかになったり
いいシーンがたくさんありました✨



ゆっくりじっくり見てから紹介したいので
続きを次回に…









akko09032759626_u at 14:04│この声をきみに 
去年の今ごろ『この声をきみに』#6 河合雄一くん